奨学金を使って大学生活を乗り越えました

私が大学生の頃は、両親からの仕送りとアルバイトで生計を立てていました。仕送りは月に約8万であったため、生活に苦しく、アルバイトに頼らざるを得ませんでした。

 

2年生になり、実習の授業が入るようになりました。教材費や必要な道具にお金がかかるようになり、仕方なくアルバイトを増やしました。また、食費などの支出も倹約するようになりました。

 

仕送りとアルバイトを合わせると月に約12万円の収入でしたが、生活には厳しい状況でした。

 

2年生の夏、仕事をしている親の経済状況が厳しくなり、仕送りが減ることになりました。3年生以降になると、就活もあるためますますお金がかかります。

 

困った私は、大学の奨学金制度を利用することになりました。幸い、1、2年生時の成績が良かったため、無利子の奨学金を利用することができました。仕送り、奨学金、アルバイトを合わせると月い約13万円の収入になりました。

 

3年生になると、就活が始まりアルバイトの数も減らさなくてはいけなくなりました。スーツ代や交通費、セミナー代など就活では想像以上のお金を使うことになりました。

 

ただ、それまでお金を貯めていたこともあり、なんとか内定を頂くことができました。奨学金がなければ、大学生活は厳しかったと思います。