大学生の大きな出費は交際費

私の大学生の金銭管理は、自転車操業に近かったかと思います。一回生の頃から月に3万後半ほどもらえるアルバイトをしていましたが、自分自身で携帯の代金を月々支払っていたこともあり、少しでも交際費や買い物などで支出を増やすとその月はギリギリの生活をしていました。

 

そもそも実家学生だったのでそれ以外の支出では何も困っていなかったので、根本的な学生困窮とは無縁だったのですが、やはり大学生ですと交際費の捻出が大変でした。

 

ですので月々のアルバイトの他にも親類や親からお小遣いがもらえるよう、何らかの手伝いをしたり、モニターやアンケートなどの懸賞、またリサイクルショップへの売却などを繰り返し小さな収入を作っていました。

 

今考えれば無理をしてでも給与額の高いところで勤務をしていたらよかったのだろうなと思います。

 

また何かと教科書などでもお金がかかってしまっていたので、先輩から安く売っているところをきいたり、または譲ってもらったりもしていました。授業の程度によっては購入せずに受けることもしばしばありました。

 

それから毎日のお昼でもお金がかかってしまうので、なるべくお弁当を自分で作り持って行くようにしてはいました。それで月々二千円から三千円浮いたこともありました。