お金のかかる学生時代

学生時代というのはお金がかからないように見えて、結構かかります。

 

学業に関するお金もかかりますし、交際費などにもお金はかかりますからね。この時期でしかできない体験って多いですから、お金がかかってでもしておくべきことはたくさんあると思います。

 

解説者

って言っている私も学生時代はたくさんお金を使ったと思います。遊ぶのが大好きだった私は交際費が1番かかりましたね・・・。学業じゃないのかよ…って感じかもしれませんが。

 

この頃って友人と遊んでいるのがすごく楽しくて、寝るのももったいないぐらいでしたね。

 

アルバイトはもちろんしていたのですが、時々友人たちと旅行に行こうということになると、アルバイト代だけではちょっと足りずにカードローンを利用していたのです。

 

ただ、カードローンを利用してばかりでは返済ができなくなってしまう可能性もあるので、カードローンを利用してからはしばらく節約も頑張ってましたけどね。

 

カードローンってちょっとイメージ的に悪いイメージを持っている人も多いかもしれませんが、計画的に使えばかなり便利なものですよ。

 

このサイトでは学生の方がカードローンを利用する前に知っておいた方がいいと思うことをいろいろと紹介させてもらいますね。利用する前に参考にしていただければと思います。

学生がカードローンを利用する条件

 

学生でもカードローンを利用してお金を借りる事ができますが、学生の誰でもお金を借りれるというわけではありません。借りるためには2つの条件があります。

 

その2つの条件というのが「20歳以上」と「アルバイトをしている」ということになります。

 

20歳以上というのはそのままで、18歳や19歳といった大学生の方は借りる事が出来ず、学生がカードローンを利用するためには20歳以上でなければいけません。

 

それと、アルバイトをしていないと収入がないというわけですから借りれません。仕送りが収入というわけにはいきませんので、アルバイトをしてないといけないですね。

 

この二つの条件に当てはまることができれば審査の上カードローンを利用することができますからね。

 

未成年の方は「18歳・19歳のアルバイトをしていない学生でも借りる方法」こちらを見て学生ローンと呼ばれるものを利用するか、20歳になるまでしばらく待ちましょう。

 

20歳だけどアルバイトをしていないという場合は、アルバイトを始めるといいですよ。1か月でもいいのでアルバイトをしていればOKですからね。

 

学生にお勧めのカードローン

 

アコム

★最短1時間融資・初めての方は30日間無利息で借りれる!
アコム
学生の方にまずお勧めしたいのがアコムです。
アコムは非常にスピーディーな審査で、最短だとその日のうちにいつも使っている銀行口座に振り込んでもらえますし、ローンカードはクレジットカード機能付きのACマスターカードにすることもできます。ショッピングや海外旅行時にも活躍してくれますよ。
3項目の入力で借り入れ可能かすぐに診断してもらえる3秒診断というのが公式サイトにありますので、それを利用して借りられるかどうか?っていうのをまず見てみるといいですね。
始めて利用する方は、30日間無利息で借りることが出来るのでお得ですよね。
私的に学生の方がカードローンを利用しようとしているならば、まずはこのアコムに申し込んでみるといいと思います。

≫アコムの公式サイトはこちら

 

プロミス

★土日祝日でも最短その日のうちに融資も可能!
プロミス
プロミスは便利なサービスが盛りだくさんですし、プロミスポイントサービスに申し込むことにより、30日間無利息で利用できるのでかなりお得です。
プロミスの30日間無利息の内容は、最初のプロミスと契約した日から30日間というわけではなく、契約後に実際にプロミスから借り入れした日から30日間無利息ですので、今必要ないという学生の方も事前に作っておくといいかと思います。
土日祝日でもネット申し込み後カードを取りに行けば、その日のうちにカードが発行されて借り入れすることできますよ。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

≫プロミスの公式サイトはこちら

 

モビット

★WEB完結申込!
モビット
モビットもアルバイトをしている20歳以上の学生の方ならば借りる事ができるようになっています。
モビットの特徴はWEB完結申込という申し込み方法があるということです。WEB完結申込は、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていて、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合健康保険証を持っている方に限り利用できる申し込み方法です。
名前の通りネット上ですべてが完結してしまい、電話連絡なし、郵送物なしで利用することができるのです。すごく便利というか簡単ですね。ただ、審査状況によっては電話連絡が必要な場合もあるようです。

≫モビットの公式サイトはこちら

 

18歳・19歳のアルバイトをしていない学生でも借りる方法

 

学生の方がカードローンを利用できる条件として20歳以上でアルバイトをしていることが必須だと上記で書きました。

 

基本的にこれは必須なのですが、大手のローン会社ではなく学生への貸し付けを専門としている学生ローン会社ならば、18歳や19歳であったりアルバイトをしていなかっても借り入れできる可能性があります。

 

ただ、学生ローンならばどこでも借りれるというわけでなく、私が知っている限り18歳・19歳でアルバイトまでしていなくても借りれる可能性があるのは「アイシーローン」というローン会社です。

 

アイシーローンは創業33年にもなる金融機関で、怪しいところが多い小規模の学生ローンの中でも、安心できる学生ローン会社なのです。

 

このアイシーローンの公式サイトで貸し付け対象者というのを見てみると

 

・首都圏在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方 (高校生、予備校生は不可です)

 

となっています。ですので、残念ながら首都圏在住の方以外は借りる事が出来ないのです。

 

よくある質問に以下のようなことも書かれています。

学生でアルバイトはしていませんが利用できますか?

お気軽にご相談ください。お客様の返済にあったプランを提案させていただきます。

となっていますので、アルバイトをしていなくても借りれる可能性はあるというわけです。

 

ですので、18歳・19歳の大学生の方やアルバイトをしていないという大学生の方で、どうしてもお金が必要という方はこのアイシーローンを利用するといいでしょう。

 

≫アイシーローンの申し込みはこちら

飲み代・ショッピング代・旅行代などの遊びに使ってもいいのか??

 

学生がカードローンを利用してお金を借りる理由として、飲み代やショッピング代、旅行代などに使うという方も多いと思います。

 

なんとなくですが、勉強に使うお金ならば堂々と使えるような気がしますが、こういった遊びのためにお金を借りてもいいのかな?という風に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

カードローンの利用方法としてカードローン自体は何に使う為でもよいので遊びのために使うのでも全く問題はありません。

 

家を購入するためのローンである住宅ローンや車を購入するためのマイカーローン、親御さんなどが教育資金を借りるための教育ローンなど、目的の決まっている目的ローンではないですからね。

 

ですので、遊びの為であっても中古車の購入、バイクの購入に使うのでも全く問題ないというわけです。

 

ただ、一つだけ事業をしている人が事業性資金としては使ってはいけないようになっています。まあ、学生の方は関係ないと思いますが、学生起業をしている方は気を付けて下さい。

 

とりあえずカードローン会社としては遊びのために使ってもいいけど、ちゃんと計画的に使うというのが大事になってきますね。遊びでやたらつかいすぎて、返済できなくなっては元も子もありませんから。

 

自分のアルバイト代とかも考えながら経ない出来る範囲で遊び代を借りるようにしましょう。

 

いくらぐらいまで借りれるの??

 

学生がカードローンでお金を借りる場合区らぐらい借りれるのか?ということも気になることだと思います。特に高額融資を希望している場合は気になるでしょうね。

 

学生の場合収入がアルバイト代ですので、だいたい月に3万円〜10万円ぐらいということがいいのかなと思います。

 

総量規制という法律が導入されたことにより、年間の収入の3分の1までしか借りれなくなっています。ですので、アルバイト代が月に3万円の人は3万円×12カ月で
36万円が年間の収入ですので12万円、月10万円ですと10万円×12カ月で120万円ですので40万円となります。

 

まあ、審査によってきまってくるので計算どおりにはならないと思いますが、アルバイト代により10万円〜50万円の範囲内で審査により決められると思っておくといいでしょう。

 

親・学校にバレない方法や気を付けること

 

親や学校にバレないか心配している人も多いと思います。親に内緒でカードローンを利用している場合、もし親にばれたらメチャクチャ怒られる可能性が高い人は多いでしょうからね。

 

ばれる原因として考えられるのが「ローン会社側からの連絡」と「契約書類などの書類の送付」となるかと思います。

 

まずローン会社側からの連絡ですが学校に連絡するということはまずあり得ません。ですので学校にローン会社側からの連絡でばれるということはまずないでしょう。

 

次に親ですが同居している場合で、連絡先を携帯電話ではなく家の電話にしていた場合、連絡が家にかかってくる可能性もあります。あまりないことだとは思いますが。

 

ただ、この場合も個人名出かけてきます。「木村ですが、○○さんいらっしゃいますか?」みたいな感じで。ですので、もし「誰から?」って親に聞かれたら「友達」って言っておけば問題ないかなと思います。

 

基本的に在籍確認の電話となるとアルバイト先にかかってきますので、家にかかってくるということはあまりないかとは思います。アルバイト先にかかってくるときも個人名でかかってきます。

 

もし延滞などした場合の連絡先も携帯電話にしておけば、携帯電話にかかってくるため親にばれるということはないと思います。

 

契約書類などの書類の送付によってばれるか?ですが、こちらも学校に何か書類が届くということはまずありませんので学校にばれることはありません。そもそも学校にばれても何もないとは思いますが。

 

親に書類の送付などによってばれるか?ですが、こちらは勝手に見られたりすればばれる可能性はあります。一人暮らしの方ならば一人暮らしの家に送ってくるのでばれることはないと思いますけどね。

 

ただ、アコムプロミスに関しては最初の契約書類はネット申し込み後、無人契約機にとりに行くことによりそこで受け取ることができるので、書類を送付されるということはありません。

 

借入するためのカードと契約書類が送られてこないのでばれることはないですね。ですので、この部分が気になる方はアコムかプロミスに申込して、契約書類を無人契約機にとりに行くようにしましょう。

 

基本的に利用明細書はネット上での閲覧するようになっています。必要な時だけ送ってもらうようにお願いするという形になるので利用明細書に関しては心配しなくていいでしょう。

審査での在籍確認の電話について

 

審査の差の際にはアルバイト先へ在籍確認の電話があります。審査の時にかいたアルバイト先にちゃんと務めているのか確認することがローン会社的には重要ですからね。

 

この際ですが、個人名でかかってくるのでアルバイト先にローン会社からかかってきたということがばれるということはないかと思います。ばれても「クレジットカードを作ったのでその確認だと思う。」って言っておけばいいのかなと思います。

 

この電話がかかってくるときに自分がいなくても大丈夫です。「今日は休みです。」的なことをお店の電話に出た人が行ってくれれば、それで在籍確認は取れるわけですからね。

 

ですので、アルバイトしていないと借りれないからといって、嘘を書いてしまうとばれてしまいますので、ちゃんと本当のことを書くようにしてください。

 

この在籍確認の電話はどのローン会社も必ずあるということにはなっていますが、時々在籍確認なしで審査に通ったっていう人もいるので、もしかするとかかってこない可能性もあるかと思います。

 

海外旅行に行く際に持っておきたいカード

 

学生の方は時間も社会人に比べてたくさんあると思うので、その時間を使って海外旅行などに行くという人も多いと思います。卒業旅行でみんなで海外旅行ということも多いですよね。

 

この海外旅行に行く際にお金が足りない時には、「学生にお勧めのカードローン」で紹介しているカードローンを利用すればいいですね。

 

特にここでも紹介しているアコムを利用するといいかと思います。

 

どうしてかというと、アコムはローンカードをクレジットカード機能付きのアコムマスターカードにすることもできるのです。クレジットカードとしてショッピングもできるし、ローンカードとして現金を借りる事もできるというわけです。

 

海外にあまりたくさんのお金を持って行くのは怖いですので、クレジットカードで買い物するようにしておけば安心ですからね。

 

また、「cirrus」というマークのあるATMが海外にはたくさんあるのですが、

 

cirrus

 

このマークのあるATMでキャッシングを利用することができるのです。クレジットカードだけですべてが支払できるというわけではありませんので、海外でキャッシングができるということはすごく便利なんですよ。

 

ですので、海外旅行に行く学生の方はぜひアコムに申込してローンカードをアコムマスターカードにしておきましょう。

 

卒業しても残金があった場合はどうなるのか??

 

在学中にカードローンを利用していて、卒業して社会人になるときにもまだ残金が残っているということは普通にあることだと思います。ちょっとずつ返済していくわけですからね。

 

こういう場合でも全く問題はありません。社会人となってその後に返済し続けていけばいいだけですからね。もちろんカードローンの枠の範囲内ならば卒業した後も繰り返し利用することができます。

 

ちゃんと返済を続けていけば、融資枠もちょっとづつ多くしてくれる可能性がありますので、社会人になるまでしっかり返済し続けていくようにしましょう。

 

カードローンを利用した体験談

 

学生時代は、キャッシングで凌ぎました

 

大学生のときは、時間はあるけどお金はないという状態でした。大学は、理工系・通信工学でしたので実験のリポートをまとめるために時間を費やし、バイトもままなりませんでした。

 

収入はバイトが月に8万円ほどで、支出が家賃・光熱費で6万5千円です。残りが生活費です。バイトは、日払いがほとんどでした。引っ越し、イベント会場の警備、スーパーの棚卸が主な収入源でした。

 

月末になると、いつも今日の食費の心配をしていました。それで、学生クレジットカードを持っていたので、ときどきはカードでキャッシングをしていました。

 

本当にこれは、助かりました。しかし、借金なので翌月には返済があります。返済のための借金だけはしたくなかったのでその分バイトを増やし、翌月は借りないように心掛けていました。

 

病気の母

大学3年のときに母親が急病で入院し、その治療費を払うのにキャッシングしました。金額は20万円でした。さすがに翌月返済はできないので10か月の分割返済でした。そのときの10か月は本当に大変でした。卒論の用意もあり、バイトも十分に出来ずに食うや食わずの日がありました。しかし、そのお金のおかげで今も母は元気ですので無駄ではなかったです。

 

4年になるとゼミ教授に紹介していただいた家庭教師のバイトをするようになってからは、食費と風呂代に不自由することはなかったと記憶しています。食事は、家庭教師先の家で出していただいたので食生活は劇的に改善されました。毎日、食事がいただけました。

 

学生時代に、キャッシングを利用したおかげで卒業もできてよかったです。勤め始めて人との付き合いも増え、収入も学生時代とは比べものにならないくらい増えましたが、支出も増えて貯金は増えませんでした。

 

学生時代のことは、思い出すと本当によく暮らせたと思います。いい思い出です。

 

 

銀行の時間外手数料を払うよりもはるかに得

 

私は、今はもう結婚もして利用しなくなりましたが、独身の時は給料日の前になるとよくキャッシングのサービスを受けていました。

 

キャッシング中

独身の時は、貰った給料を全部使うといった感じだったので、毎月給料日前にはお金がなくなってしましい、急な出費の時は重宝していました。

 

キャッシングは、ちょっとしたお金が必要な時、短期間だけお金が必要な時に利用すれば、利息がほとんどかかりません。例えば、休日に銀行ATMを使うとそれなりに手数料が必要かかります。

 

しかしキャッシングで同じ金額を借りて、翌日に返済すれば利息は数円しかかからず、銀行の時間外手数料を支払うよりもはるかに得だと思います。

 

さらにキャッシングのいいところは、借りたいお金が早く手に入ることだと思います。 私もそうでしたが。借入れ審査にほとんど時間がかからず、すぐに借りることが出来たので、急な入り用の場合も安心でした。

 

こういった手軽さや安心性、あどの加えて、キャッシングの利便性も上がっています。24時間コンビニのATMでいつでもお金を借りる事も出来ます。中には、手軽に利用できるために軽い気持ちでキャッシング利用を繰り返し、返済ができないほど借りすぎる人もいるようです。

 

わたしも良く利用していたので感じた事でしたが、あまりにも簡単にお金が借りれるので、借金という意識が希薄になりがちだと思います。その点を気をつけて利用するのが大事だと思います。

 

【よくある質問】
リボ払いで支払えますか??

リボ払いというのはクレジットカードでショッピングをした際に、一定額を毎月支払っていくというものであり、カードローンにはそのような支払い方というのはありません。

 

カードローンはローン残高によって月々の支払額が変わっていきます。10万円借りているのと50万円借りているのでは支払額が変わってくるのです。

 

ですので、リボ払いというものではありませんが、一定額を支払うという意味では、ある意味リボ払いのような感覚なのかなという気はします。

保証人は必要ですか??

カードローンに関しては基本的に保証人は必要ありません。私が知らないだけで、もしかすると、保証人が必要なところもあるのかもしれませんが・・・。

 

そもそも学生に対するカードローンというのはそんなに大きな金額の貸し付けではないので、保証人を取りうということはあまりないことではないかと思います。奨学金ですと親御さんなどの保証人が必要になりますけどね。

 

カードローンに関しては保証人は必要ありませんよ。

50万円ほど借りたいのですが??

カードローンはアルバイトなどの収入などを審査して、限度額が決められます。一般的に総量規制ですと年収の3分の1までしか借りれなくなっていますので、50万円借りたいとなると、年間のアルバイト収入が150万円ほど必要になります。

 

そもそもこれくらいの収入がなければ50万円もの借金を返済していくことは難しいでしょうしね。

 

ですので、150万円も収入がなくて50万円も借りたいという場合は、まずはアルバイトを増やすなどして収入を増やしていった方がいいかと思いますよ。

延滞した場合実家に催促の連絡がいかないのか??

基本的に催促の電話というのは、本人にかかってきます。親とはいえ本人以外の人に催促するのは金融機関としておかしいですので、もしそういうのがかかってきたらまともな会社ではないかもしれませんね。

 

当サイトに掲載しているような大手ローン会社はまず祖いうことはありませんので、安心して利用してください。

 

ちなみに、実家暮らしの場合は実家にあなたあてで電話がかかってくることはあるかと思います。内容を家族に言うということはありませんけどね。

 

なんせ、延滞した時は連絡を自分からしたり、電話に出ないなどの行為はしないようにしましょう。

卒業旅行の資金の為に借りれますか??

カードローンは利用目的が自由のローンです。何に使ってもいいというわけです。

 

あ、唯一事業資金に使ってはいけないというのが多いですけどね。それ以外は何に使ってもいいというわけです。

 

あまり良いことではありませんが、ある意味パチンコ台に使ってもいいというわけです。あくまでギャンブルするためにお金を借りるのは良くないですのでやめておいてほしいですけど。

 

ですので、卒業旅行の資金の為にお金を借りるというのは全く問題ないことですよ。学生生活最後の旅行なわけですから、お金が無くていけないということは避けたいですもんね。

申し込みの際に多少の嘘ならばれない??

基本的に嘘はばれると思っておいた方がいいです。ローン会社側もちゃんと審査はするわけですし、嘘をつかれるのが一番嫌いですので、嘘がばれた時点で審査は落ちるのは間違いないでしょう。

 

アルバイトしていないのにアルバイトをしているという嘘をついても、在籍確認の電話の際にすぐにばれるでしょうし、他社からの借り入れに関してもばれてしまうので嘘はつかないほうがいいです。

 

時々、親の名前で学生が申し込んでみたりすることもあるようですが、そういうことはできるわけがありません。

 

なんせ、審査に通ろうとして下手な嘘を申し込みの際につかないようにしてくださいね。